小坊主ぽかぽか日記

寒行托鉢

瑞応寺専門僧堂の雲水が22日、寒行托鉢を行い、途中真光寺へ来山されました。

雲水さん達は威儀を整えられ、その後、本堂で有り難い御祈祷をしてくださいました。

中には、足がわらじで擦れてボロボロになり血を流している方もいました。

修行の尊さを改めて感じ、また自分の本山時代を思い出し背筋がスッと伸びる気持ちでした。

山にいた時は「降りてからが本当の修行だ」とよく先輩方に言われたものです。

修行が終わり精進する気持ちを忘れたのでは、僧侶でも何でもなくなりますね。

 

※追記 (2016-02-20)

この寒行托鉢は、年末の恒例行事となっており、境内には大勢の写真家が集まりましたが、

当山のお檀家さんであり、写真愛好家の望月さんから当日の写真をいただきました。

プロが撮ると違いますね、流石です。私のことも撮ってくださっていました(u_u*)

寒い中、足を運んでくださりありがとうございます。

 

感謝 合掌

 

0

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA